理想的なバストは豊胸施術で叶えられる|女子力UP通信

脂肪を用いる豊胸

女性

脂肪注入法

できるだけ自然に近い方法でバストアップしたいと希望している人は、美容外科クリニックに行って脂肪注入法による豊胸手術を受けるようにするとよいです。豊胸手術には、人工乳腺バッグを挿入する方法やヒアルロン酸を注入する方法などもありますが、いずれの場合も患者の体に異物を入れることになります。ヒアルロン酸注入法の場合は、術後2〜3年程度経てば注入されたヒアルロン酸が全て体内に吸収されてなくなってしまいます。でも、一時的とはいえ、自分の体の中に異物を存在させておくことになるのは事実です。しかし、脂肪注入法の場合は、患者自身の体から吸引した脂肪を胸に注入することになりますので、体に異物を入れるのは嫌だという人でも、抵抗なく手術を受けることができます。また、とても自然なバストアップ効果を得られるため、脂肪注入法を選ぶ患者が増えてきています。

豊胸の効果

脂肪注入法による豊胸手術を受けた場合、どれくらいの期間に渡りバストアップ効果を維持し続けられるのかという点を気にする人が多いです。人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術を受けた場合であれば、体内に入れた人工乳腺バッグが破損しない限り、半永久的にバストアップ効果を維持し続けることが可能です。一方、ヒアルロン酸注入法によるバストアップ効果の持続期間は、概ね2〜3年になっています。では、脂肪注入法の場合はどうなのかというと、体内に注入した脂肪の生着率如何によって効果持続期間が変わってきます。ですから、一概に言うことはできません。注入した脂肪が生着せずに排出されてしまえば、バストアップ効果も消失してしまいます。しかし、注入した部位にしっかりと生着してくれた場合は、人工乳腺バッグ挿入法と同様に、半永久的なバストアップ効果を手に入れることができます。

Copyright© 2016 理想的なバストは豊胸施術で叶えられる|女子力UP通信 All Rights Reserved.